アプロディーテ 寧 口コミ

100日体験談!APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)

アプロディーテ 寧とは、↓こちらの商品のことです。


通販サイトに御用の方は上のバナーをタップしてください。

 

以下はアプロディーテ 寧々を約100日使った方の口コミになります。

 

さて、アプロディーテ 寧々は、
あなたにとって買うべき価値がある商品なのでしょうか?
その答えがここで見つかります。

 

では、参りましょう。

この口コミを書いた人の情報

ペンネーム:samidare
性別・年齢:女性・52歳
口コミ商品:APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)
使用期間:2018年3月〜2018年6月現在(使用中)
使用した合計日数:100日
商品の満足度(5段階評価)

 

毎日のパソコン仕事で肩がパンパン。
あなたはそんなことはないでしょうか?

 

わたしは肩がパンパンでした。

 

湿布薬を貼っても、薬を飲んでも解決しない。
肩こりは解決しないものと諦めていました。

 

ですが、ある同僚が言った「布団を変えてみたら?」の声をヒントに、肩こり・腰痛を楽にしてくれる敷布団はないかと探してみました。

 

何気なく見ていた検索ページに、極厚敷布団の5文字が目に入り、さっそく、レヴューの多い人気商品を検索し、APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)を発見。購入してみました。

 

肩こりの原因、悪いのは姿勢?!

いつものように、会社の仲良しとランチに出かけました。

 

大好きなハンバーグランチを食べながら、つい週間で首を左右にぐーっと伸ばしていると、同僚が「また、やってる」。

 

別の同僚から「そんなに肩が凝るなら、マッサージ受けてみたら?」。
またまた別の同僚が「布団変えてみたら?」と口々におせっかいを焼いてくる。

 

世の中には不思議なことに、肩が凝る人と凝らない人がいる。
わたしは凝る人で、同僚たちは凝らない人に分類される。

 

肩が凝るのは姿勢が悪いからだと言われ、整体に通ったり、ウォーキングを頑張ってみたりとそれなりに努力をしたんですが、肩こりが楽になることはありませんでした。

 

わたしの辛さなんか、分かるはずはないとネガティブな思いを抱え、仕事場に帰宅。
3時の休憩中、ふと頭をよぎったことが、布団を変えてみたらの言葉である。

 

そうだ。
前に敷布団を買い替えようと検索していた時、肩こり腰痛に悩む人におすすめなる言葉を見た記憶がある。
帰ったら、さっそく検索だ。

 

APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)って名前も何だかかっこいい。

フィギュアスケートの可愛い女の子がCMしているのは、ちょっと高い。
買いたいけど、今は無理。

 

もう少し買いやすい価格のものはないかと探していたら、可愛いネーミングの敷布団を発見。
それが、APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)である。

 

想像以上に安い。
しかも、国産。
職人さんたちが一生懸命作っていると書いてあるのに感激し、さっそくシングルサイズを注文。

 

3層構造で体圧分散効果があり、底面はハニカムメッシュでカビ発生、ヘタレを防いでいるとのこと。

 

サイズはシングルロングとダブルロングの2種類があり悩みましたが、極厚と書かれていたので、干す時に困るかもと考え、シングルロングをチョイスしました。

 

APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)を早速使ってみた

キレイに三つ折りになって届いたので、そんなに大きくないのかと思ったら、厚さ10センチの極厚敷布団が登場。

 

さて、APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)の寝心地は?
ベッドに敷いて寝ころんでみたら、確かに、ふわふわ。
太目のわたしが乗っても、沈まない。

 

これは、お買い得かもしれないと思い、母に電話をかけ、母にも勧めてみたら、なんと、買い物好きな母はもう買っておりました。

 

わたしと同じ肩こりに悩む母の毎日は、朝は湿布薬を貼ることから始まり、夜は湿布薬を貼って寝る毎日の繰り返しを送っている。

 

そんな母に、初めてかもしれない親孝行をしてみようと思い付き電話をかけたわたしでしたが、無駄に終わってしまいました。

 

寝心地はと言いますと、首から背中がまっすぐに伸びているので、枕は要らない状態で眠れました。
なので、枕は止めにして、バスタオルを3回ほど折りたたんで枕に代用。初日は朝10時まで、ぐっすりでした。

 

しかも、この敷布団、抗菌・防ダニ・防臭・吸汗・速乾。それから、ホコリの出にくい天然ピュアコットンを使用している上に、返品100日保証が付いている優れものの敷布団です。

 

ちなみに、こちらのシリーズには、日葵(HIMARI)・凛(RIN)・日和(HIYORI)とそれぞれに素材の異なる布団がそろっていて、どれも大人気だそうです。

 

APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)はベランダに干せない?!

そんな良いことづくめのAPHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)ですが、ただ一点だけ、デメリットがあります。

 

それは、あまりにもふわふわなので、ベランダにくの字に干せないこと。
通常の敷布団は、ベランダにどっこいしょと二つ折りにして干すことができますが、これは、厚さがあるため、布団ばさみで挟むことはできません。

 

ですので、干す時は、窓を開けて、窓側に立てかけて干すか、太陽の当たる場所に敷いたままで空気乾燥をさせることをおすすめします。

 

ただ、APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)を買ったお客さまの口コミ等を読んでいると、通気性が良いので、そんなにマメに干さなくても、大丈夫だそうです。

 

また、強者のヘビーユーザーさんは2年に1度買い替えるそう。
敷布団はどんなに高級なものでも、一生使えるものはないとのこと。

 

2〜3年に1度は新しいものに買い替える方が効率がよく、身体にも良いとのことでした。

 

まとめ

APHRODITA アプロディーテ 寧々(NENE)を使い初めて、はや3ヶ月。

 

肩こりはまだ楽にはなりませんが、腰痛はかなり楽になりました。
もうすぐ100日ですが、返品する気はありません。

 

わたしも強者のヘビーユーザーさんを見習って、2年に1度は新しい敷布団に買い替えることにしました。

 

敷布団1枚1万円を2年で使うとすれば、1年で5000円。
1ヶ月だとわずか416.6円。

 

カフェラテ1杯の値段で肩こりが解消されるなら?
買い替えることを選択しますよね?

 

↓もっと口コミが見たい、通販で購入したいならコチラ


 

↓こちらはダブル


 

page top