MENU

腰痛や肩こりに大人気の敷布団がキャンペーン中!

「最高の寝心地」ランキング1位の敷布団

↓↓↓

腰痛と敷布団の関係

 
腰痛を本気で改善したいなら、まず、一番はじめにやるべきことがあります。

敷布団で腰痛は治るのか?

どんなことよりも優先してやらなければいけない腰痛対策です。

 

それは、敷布団を交換すること。

 

何を馬鹿な。

 

そう思う方もおられるかもしれません。

 

しかし、実際にはどうでしょうか。敷布団を適切なものに交換すること、ただそれだけで腰痛が良くなっている例がいくらでもあります。

 

もちろん、骨や筋肉などの衰えからくる腰痛に関しては、並行してストレッチや運動を行わなければ完治はしませんが、敷布団を軽くみてはいけないのです。

 

敷布団が重要なのには理由があります。

 

敷布団で腰痛は治るのか?

ご存知のように人の体には血管やリンパ管が網の目のように張り巡らされています。

 

これらの役割は、栄養や酸素を運んだり、老廃物や疲労物質を運び出すことです。

 

当然ですが、長時間同じ姿勢で寝ることにより、ある一定箇所が圧迫され血流やリンパの流れが悪くなります。

 

血流やリンパの流れの悪化。

 

これが、肩こりや腰痛、疲労感、むくみ、免疫力の低下など悪いことを引き寄せる原因となるのです。

 

つまり、同じ姿勢で長時間寝てはいけないのです。

 

もし、あなたの布団が柔らかすぎたり、硬すぎたりしても、血流やリンパの流れをさまたげてしまいます。

 

また、柔らかすぎたり硬すぎる布団は寝返りが快適にできないため、同じ姿勢で寝る時間が長くなり、朝起きると疲れがたまっているというようなことになります。

 

実は、人は寝返りを打ちながら疲れをとっているのです。

 

せっかく医者に診てもらっても、寝ている時に血流やリンパの流れを悪くしていては治るものも治らなくなるのです。

 

だから、本気で腰痛を改善したいなら、まずはじめに適切な敷布団に交換することなのです。

 
 

日本人の平均睡眠時間は?

 

ちなみに、日本人の平均睡眠時間は、2012年6月12日の産経ニュースによると「平日で6.5時間」だそうです。アメリカやフランスの7時間よりも短いですが、それでも私たち日本人は、長時間敷布団の上で寝ていることになります。

 

治療のため医者に行くにも、毎日ではありません。治療してもらっている時間もわずかな時間です。しかし、睡眠は、毎日欠かさず行う行為です。努力は不要なのです。

 

敷布団を交換するだけで、腰痛が改善したり、肩こり、頭痛が改善したというのは、そういう理由があるからなのです。

 

腰痛に人気の敷布団「雲のやすらぎ」のレビューはこちら